よくある質問

ご利用の際に、気になる点などについてご案内いたします。

  • 消費者の皆様
  • 事業者の皆様
やまぐちECエール便とは何か?
インターネットでの通信販売の送料支援等により、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている山口県内の中小企業者の収益回復と需要喚起を図るために行う「山口県内事業者EC送料無料化キャンペーン」のことです。
参加事業者がインターネットで通信販売を行う商品の送料実費額が「送料支援金」を山口県が支援することで、利用者は送料を負担せずにお得に商品を購入できます。
※返品等に係る送料、代引き手数料、梱包代等は対象になりません。

キャンペーンはいつまでか?
12月24日までの注文が送料無料の対象になります。
ただし、ECサイトによっては12月24日以前にキャンペーンを終了している場合はございます。
詳しくは参加事業者のECサイトにてご確認ください。
やまぐちECエール便の対象外の商品や地域はあるか?
ECサイトによっては、送料無料の対象外商品・対象外配達エリアがある場合がございます。
詳しくは参加事業者のECサイトにてご確認ください。
どうすれば送料無料で購入できるか?
「やまぐちECエール便」に登録しているECサイトから購入すると、送料無料で購入することができます。
但し、ECサイトによっては、既に送料無料キャンペーンを終了している場合や送料無料の対象外商品・対象外配達エリア等がある場合がございます。詳しくは参加事業者のECサイトにてご確認ください。
登録されたECサイトを確認する方法はあるか?
登録されたECサイトには、『やまぐちECエール便』により送料無料を実施している旨の表記がありますので、ご確認下さい。
なお、ご不明な点について参加事業者のECサイトの問い合わせ先にお尋ねください。

1 対象事業者及び送料支援金上限額の設定

どのような事業者が申請できるのか。
ECサイトを運営する県内中小企業者となる。
県内中小企業者の定義は何か。
県内中小企業者とは、県内に主たる事業所(本社機能)を有する中小企業等経営強化法第2条第1項に規定する中小企業者をいう。
ECサイトとはどのようなサイトを言うのか。
ECサイトとは、インターネットを通じた通信販売を行うサイトである。
サイトのイメージとしては、2種類に分類され、いずれも対象にしている。
○インターネット上の掲載商品を、サイト上で注文を受ける仕組み(カート機能、注文フォームなど)を有するサイト
○インターネット上の掲載商品を、電話・FAX・メール等を通じて注文を受ける仕組を有するサイト(SNS等含む)
楽天やヤフーなどの大手サイトに出店しているが、申請可能か。
自社でサイトの管理ができる場合は申請可能である。
Amazonなどのモール型サイトへ出品しているが、申請可能か。
他社がECサイトの管理・運営をしている場合は、対象外である。
楽天やヤフーなどのモール型サイトへの出店と、自社ECサイトでの販売を行っている場合、申請可能か。
自社で管理しているECサイトであれば、複数ある場合においても、すべて支援対象となり、申請可能である。
県内事業者が運営するモール型サイトへ出品しているが、出品事業者は、申請可能か。
出品事業者ではなく、運営している県内事業者であれば申請可能である。
ECサイトが複数ある場合、送料支援金上限額が増えるのか。
ECサイトの数に拘らず、1事業者につき30万円が上限となる。
複数の店舗をもっている場合は、店舗ごとの申請は可能か。
店舗単位ではなく、事業者単位で申請する。
山口県内に店舗があるが、事業者(個人事業主)の住所が県外である。SNSで発信し、注文を受け付けているが、対象となるか。
県内事業者が対象であるため、個人事業主の住所が県外であれば対象外となる。
コロナで売上が減少したため、新聞広告でPRし、FAXで注文を受け付けることとしたが、このような場合は申請可能か。
インターネットを使った通信販売を対象としており、対象外である。
物産店で店舗に来ていただいて注文をされた方の商品を発送している。この場合は申請可能か。
インターネットを使った通信販売を対象としており、対象外である。
FCで運営している中小企業で、自社HPではなく、FC元のHPがある。このECサイトで購入が可能であるため、申請可能か。
FC元のサイトであり、自社でECサイトを運営していないため対象外となる。
ECサイトで商品を販売しているが、サイトの運営を代行してもらっている。この場合、申請者はどうなるか。
サイトの運営代行者ではなく、販売事業者名での申請となる(特定商取引上、通常、販売事業者名が記載されている)。特定商取引上、運営代行者名で記載されているのであれば、運営代行者名において申請することができる。
ECサイトの掲載商品が少ない場合、全くない場合、売上が少ない場合は申請することができるか。
送料支援金について、前年度実績等を考慮するなどして10万円、20万円、30万円から選択して申請することが可能である。
自社配送を行っている場合は、申請することができるか。
自社配送は対象外のため、自社配送しかない場合は申請できない。

2 支援内容

大企業の商品を扱っていても対象となるか。
参加条件を満たす場合は対象となる。
定期購入契約をしている場合の送料は支援対象となるか。
対象となる。ただし、キャンペーン実施期間中が対象である。
ECサイトでの発送と、店舗での来店注文を受け発送の両方を行っている場合、店舗への来店分に係る送料は該当となるか。
店舗での直接購入分の送料は対象外となる。
ECサイトと新聞折込チラシでの宣伝をしており、両方とも電話で注文を受けている。ECサイト経由か新聞折込経由かが明確でない場合、両方の送料を対象とすることができるか。
ECサイトを活用した注文により発生した送料であることを明確に示すことができない場合は対象外となる。
ECサイトで弁当の注文を受け付け、店舗に取りに来てもらうテイクアウトの仕組みである。この場合、テイクアウト経費を対象としてもらえないか。
テイクアウトは送料が発生しないため、対象外である。
個人消費者ではなく、事業者がECサイトを通じて商品を購入した場合、その取引に係る送料は対象となるか。
対象となる。
送料以外の代引き手数料や梱包代などは支援対象となるか。
返品等に係る送料、代引き手数料、梱包代等は対象としない。
送料支援額を超えた場合の送料は負担してもらえるのか。
負担できない。参加者毎の送料支援金上限額の範囲内での支援となる。
消費者に対して無料化する送料と、運送業者に支払う送料は異なる。支援対象となる送料はどうなるのか。
送料支援金の対象となる送料は、消費者が店舗に支払う額ではなく、参加事業者が運送業者に支払う額(運送業者から参加事業者への請求額)となる。

3 参加募集

参加申請の時期はいつか。
募集は5月14日~6月4日まで実施する。なお、申請状況によっては追加の参加事業者募集を別途行うことがある。
参加申請の方法はどうか。
申請方法は、原則ホームページ上の申請フォームからの申請とする。
インターネット環境がないなど、ホームページからの申請が難しい事業者については、やまぐちECエール便事務局(0570-020-770)まで連絡。
参加するにあたって参加費用はかかるか。
参加事業者は、キャンペーン参加にあたって、利用料等の費用はかからないが、ECサイトの修正等に係る経費は各自で負担となる。
参加申請をする場合、提出が必要となる書類はあるか。
個人事業主の場合、事業実態を確認できる書類が必要である。
(営業許可証、営業登録証、開設許可証、開業証明書、確定申告書など)
参加決定はいつ、どのような方法で分かるのか。
6月中旬頃に申請フォームに入力したメールアドレス宛に「参加決定通知書」を送付する。

4 キャンペーンの実施時期

キャンペーンの開始はいつからになるのか。
2021年6月22日を予定している。参加決定通知書を受領した事業者のみ、キャンペーンを開始することができる。
いつまでの送料が支援対象となるのか。
12月24日までに注文があった商品にかかる送料が対象となる。なお、送料支援金上限額の超過分については負担できないため、注意が必要。
キャンペーン実施期間について、店舗HPでの表示で注意すべき点はあるか。
キャンペーン期間は12月24日までとしているが、それよりも早く設定された送料支援金上限額に到達したら、期間に関わらず、当該事業者はキャンペーンを終了することとなるので、「予算の都合により終了する旨」があることを自社ECサイトに掲載していただきたい。
キャンペーンの終了はいつか。
12月24日までを予定している。

5 特定商取引法

特定商取引法に関する表記として、何を表記したら良いのか。
特定商取引法に基づき、通信販売を行う場合は、事業者名、所在地、連絡先、商品等の販売価格、送料などの商品代金以外の付帯費用、代金の支払方法、返品の可否と条件などを表記する必要がある。
詳しくは、消費者庁のホームページで確認していただきたい。
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/mailorder/

6 配送について

配送業者の指定はあるか(ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便など)。
特にない。
自社配送は対象となるのか。
対象外とする。また、親族による配送など、配送の状況を証明できない場合も対象外とする。
返品時の送料は対象となるのか。
対象外とする。
送料は、全国どこでも対象となるのか。離島でも対象となるのか。 海外への発送も対象となるのか。 配送の制限(重量、距離、配送方法)はあるか。クール便も対象となるのか。
全国(離島を含む)どこでも対象である。海外も対象である。配送制限はなく、クール便も対象である。

7 実績確認について

実績報告をする際は、どのような書類を提出すれば良いか。
①実績報告書兼請求書、②実績確認一覧表(商品名、販売額等をまとめた一覧表)、③実績を確認できる書類の写しの提出が必要となる。
※①、②の様式は参加決定通知書と併せてメールにて送付する。
実績を確認できる書類の写しとは何か。
商品販売の証明書類(注文履歴、売上台帳など)、商品配送の証明書類(請求書内訳、配送伝票など)、配送業者からの請求額証明書類(配送業者からの請求書など)のすべてが必要となる。
証拠書類はないが、送料の負担はしているので、支援額に含めて問題ないか。
証拠書類が確認できない場合は、対象とならないので注意が必要。

8 送料支援金の支払について

支払い時期は複数回あるのか。
3回の支払日を設定している。スケジュールの詳細は募集要領に記載している。
参加事業者毎の送料支援金上限額を超えたが、支払いはどうなるか。
参加事業者毎に設定された送料支援金上限額までしか交付できない。
事業者毎に設定された送料支援金上限額を超えた場合、また、超える直前でキャンペーンを終了しても良いか。
事業者毎の送料支援金上限額を超える場合は、超えた部分は支援できないため、超える直前でキャンペーンを終了していただいて構わない。

9 無料キャンペーン

現在、商品に送料を含めて販売しているが、対象となるか。
送料相当分を値下げすることで対象となる。
すでに自社負担で送料無料化(一定以上の商品購入は無料など)を実施中の場合、対象となるか。
参加事業者で送料を負担して、消費者の送料を無料化する場合は対象となる。

10 その他

設定された送料支援金上限額に達した。再度、申請することは可能か。
1事業者1度きりとする。
途中参加した場合のキャンペーン終了期間はいつまでか。
追加募集の場合もキャンペーン期間の終了日までとする。
他の割引券や割引サービスとの併用は可能か。また、ポイントを使用して購入しても問題ないか。
割引券や割引サービスとの併用は可能で、ポイント使用も問題ない。
商品に送料分を上乗せして実施しても良いか。
参加条件を「送料を消費者に求めないこと」としているため、商品に送料分を上乗せして実施することはできない。

お問い合わせ

メールフォームでのお問合わせ

メールフォームからのお問合せはこちら

問い合わせ先

やまぐちECエール便事務局

メールアドレス:yamaguchi-yell@gp.knt.co.jp
電話:0570-020-770(平日9:30〜17:30)
FAX:0570-036-033

休業日:土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日)